VSOP計画
[English]

更新:2005年11月

「はるか」は打上げから 3 2 1 3 日目の2005年11月30日に運用終了いたしました。

 
---------  「はるか」運用グループより  ---------
  2005.11.30  ->> 過去のコメント

2005年11月30日に、RCS燃料の放出および送信機の停波を行い、
「はるか」(MUSES-B)運用を終了いたしました。
各方面よりのさまざまなご支援ありがとうございました。

 
 

  VSOPとは、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部(旧 宇宙科学研究所)と国立天文台が共同で主導している、国際的な電波天文学スペースミッションを表します。
 1997年2月12日に打ち上げられた人工衛星「はるか」は、1997年2月27日から28日にかけて、軌道上で直径8メートルの電波望遠鏡を展開しました。

 天体の観測は、「はるか」と世界中の電波望遠鏡が協力して行われます。すると地球の直径より3倍も大きい望遠鏡に匹敵する、高い解像度のデータが得られます。その結果、天体の電波源を詳細に研究することができるようになりました。
 上のイラストが、合成された望遠鏡のイメージを表しています。

 

--- INDEX ---
VSOPの概要(VSOPってなんだろう?)
人工衛星「はるか」について
打ち上げロケット(M-V)について
スペースVLBIの歴史
詳しく知りたい方のために
研究(観測)成果
VSOPによる天体画像
発表論文(リンク先は英語です)
研究者、観測者のための情報
(リンク先は英語です) 

無断転載を禁じます
このサイトについて(英語)

w w w a d m @ v s o p . i s a s . j a x a. j p

2002年7月13日からのアクセス数 =

スペースVLBIプロジェクト トップページ

宇宙科学研究所 HP

宇宙航空研究開発機構 HP